Debian GNU/Linux 関係

IPアドレスの固定化

Debianをサーバ用途として使うのであればIPアドレスを固定化する必要がある。

ここではDebian 10(buster)でのIPアドレスの固定化の手順を書く。

eth0のリネームを止める

eth0がリネームされるのを止める
の記事に従ってNICのデバイス名がeth0になるように変更されているものとする。
リネームを止めない場合はeth0の部分を都度置き換えてほしい。

GUIでの設定変更を止める

GUIのデスクトップ環境を使っている場合はそのGUIのツールでIPアドレスを設定されている場合があるのでそれをまず止める。
デスクトップ環境にMATEを使っている場合は
システム → 設定 → ユーザ向け → 自動起動するアプリ
を開き「ネットワーク」を無効にする。

ここでいったん再起動しておく。

interfacesの編集

/etc/network/interfaces を編集する。

$ su -
# vi /etc/network/interfaces

ここでは 192.168.1.100 に固定するものとする。

auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.1.100
network 192.168.1.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1

内容はそれぞれ個々のネットワーク環境に合わせて変える。
保存したら再起動する。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://uturo1.nevernothing.jp/ip-address/trackback/

関連リンク

広告

広告